電動コバ磨き、使用上の注意

1、ヘッドの交換は、コンセントを抜いた状態で行う

交換中に誤ってスイッチが入ると大変危険ですので必ずコンセントを抜いて下さい。

スイッチの縦線が書いてある方がオンなので、何も書いてない方を押した状態でコンセントをさしてください。

2、保管時は、ヘッドを外した状態で保管する。

2、ヘッド交換時は、モーター軸の平らな部分とボルトの位置に注意する

モーター軸には、ボルトで固定するために平らな部分があります。

必ずこことヘッドパーツのボルトの位置を合わせて、真っすぐボルトが締まるように取り付けてください。

また、ボルトを締める際も左右に揺らしてみて緩みや、平らな部分に対して斜めにボルトが入っていないかをチェックしてください。

非常に高精度であるため、上記を無視してモーターシャフトの丸い部分を傷つけますと、ヘッドパーツが抜けなくなります。

万一傷になって抜けなくなってしまったら、ネジを抜き、機械油を少しだけさして、モーター側面の排気穴から内部の金属羽根にドライバーなどを差し込み回転を止めて、ヘッドパーツを左右に回転させながら引っこ抜いてください。
どうしても抜けない場合はご連絡ください。

3、ヘッドパーツは外した状態で保管する

ヘッドは木製で、完全に乾燥していますがそれでも数パーセントの含水率があります。
付けっ放しにしますと錆を呼ぶ可能性がありますので、外して保管してください。

3、回転中は巻き込みに注意してください。

4、適切な服装で作業する

かなりの力がありますので、袖がヒラヒラした服などを着ていると巻き込まれる危険性があります。
また、電動工具は、1度巻き込まれてもすぐに止まってくれません。
適切な服装で回転中は絶対に気を抜かずに作業してください。

5、削りかすが多く出るときは、モーター吸気口を一部ふさぐ

基本的にはコバ、トコ磨き用ですので削りかすが多量に出ることはそれほど無いと思いますが、もし気になるようであれば、モーター上部の吸気口を後ろ側の一つを除いて3か所ふさいでください。

温度上昇の可能性はありますが、このモーターにとっては革の磨き作業はかなりの軽作業なので、1か所でも開いていれば通常の使用では問題はありません。

高気温下で長時間など特殊な場合は、ベニヤなどで空気穴を確保しつつふさぐ板を製作する必要があります。

6、コバ漉き機で磨く前にヘリ落としやヤスリをかける

コバ漉き機にヤスリのように削る能力はありませんので、コバ磨きヘッドの形状に概ね合う程度にコバを整えてから使用してください。

2ミリ以下程度の薄い革であればヘリ落としを使ってから、軽く紙やすりを当てるだけで充分です。

蜜蝋ワックスやトコノールなどの処理剤を革に塗布してから磨いてください。

何も塗らないと当たり前ですが固まりません。