お手入れ方法(重要です)

たまにで構いませんので必ず整備は、するようにしてください。

これは工具ですので、自分で整備できなければ、いつか使えなくなります。

基本の整備

金属同士が擦れる部分には、摩擦が発生しています。

出荷状態では、摩擦を軽減する為の機械油が付いているのですが、使用するにしたがって油切れをしていくかと思います。

厳密にはシリンダー部分には隙間があるため 、それでも動いてしまうのですが、油切れした状態で金属が擦れますと、金属が徐々に磨耗していくことになりますし、錆も発生しやすくなります。

擦り減りが、ひどくなりますと、精度にも影響を及ぼします。

ですので、年に一度くらいは油をさしてください。

KURE556のようなものでも大丈夫ですが、あれは油というか灯油みたいなものなので、すぐに蒸発してしまいますし、もともと付いているグリスなどを溶かしてしまいます

ミシン油(サラサラしていてゴミがつきにくい)か、グリス(粘度が高くかなり長持ちするがゴミがつきやすい)のどちらかが良いでしょう。

私のような、工具が生活の一部になっている人間は、摺動部(擦れ動く部分)には、油を注すのは当たり前なのですが、一般的には自転車すらノーメンテで乗っている方が多いようですので、こういった工具を扱う方は、少し気を使ってあげるといいですよ。

 

では、クオイオのメンテ方法に移ります。

クオイオは可動部がそれほど多くなく、動力がモーターのような高速のものではなく手動ですので、それほど神経質になることはないのですが、やはり年に一度以上は、油を注してほしい箇所があります。

画像の赤い矢印が指しているテコの軸になる3箇所と、縦の支柱が納まっている部分と、チャックの回転部分の5箇所です。

多過ぎると垂れるだけですので、それぞれほんの一滴で十分だと思います。

重要なのは、金属が直接擦れないようにすることですので、それを意識して金属と金属の間に油を注してください。

      

ハンドルの赤いグリップが取れた場合

カクタ等から出ているグリップがビス止めになっていて取れにくいトグルクランプもあるのですが、軸の公差の関係で、最もブレが少ないスーパーツールの物を採用しているため、他のメーカーも検討しましたが、あえてこれを採用しています。

スーパーツールの物は、グリップが糊付けになっているだけなので、捻ったりすると簡単に取れるものがあります。

取れてしまうことは把握しているのですが、上記理由で現在のところ変更できません。

全て簡単に取れるならこちらで再接着するのですが個体差が大きく、簡単には取れない個体もあり(しかし一度無理な力をかけてしまったら外さないわけにもいきません)、これを全て取り外して再度接着すると価格に影響するくらいの膨大な手間と時間がかかり、現状では追加工する余裕がありません。

取れてしまった場合は、多用途ボンドを使用し接着していただければそのままお使いいただけます。

金属側にボンドを付けて上下の向きに気を付けて差し込むだけですので、レザークラフトができるくらいなら簡単な作業です。

最初は固めだったハンドルの動きが緩くなった

トグルクランプは、本来の使い方では、軽く動いた方が良いため、ハンドルを動かすのに抵抗はないのですが、個体差で固めの物もあります。

各軸部はカシメられていますが使っているうちにいずれ緩くなっていくかと思います。

本来の使い方を考慮すると、どちらかといえば緩い状態が正常な状態と言えます。

固い時の方が使い易かったという場合は、軸部の両側からハンマーで挟むように叩くと一時的にカシメを強くして固くすることができます。

 

トグルクランプって永久に壊れないの?

もちろん壊れます。

トグルクランプは使い方によって寿命がかなり変わってくると思いますが、おそらく10万回前後クランプしたあたりでピンが折れるなど致命的な故障が発生して寿命という気がします。
データが無いので正確な数値はわかりませんが、高耐久トグルクランプという超高級なものは、最大圧力で30万回クランプできるそうなので、それよりは相当少ないはずですが、菱目打ちなら大した圧ではないので数万回くらいは大丈夫ではないかと思います。
普通の財布を1つ作るのに、200クランプはいかないくらいかと思いますので、数百個くらい財布を作ると、寿命が来る可能性があります。
動く物には必ず寿命があるのでそれは仕方ないのですが、ご安心下さい。
クオイオに使用しているのは、何の変哲もない、複数のメーカーからほぼ同じ規格で販売されているタイプの1500円前後のトグルクランプです。(クオイオのものはTPA50F)
数十年年後でも、規格が変わっている可能性も極めて低いくらいベーシックなものです。
Amazonなどでも購入できますので、ご自分で交換されても良いですし、こちらに修理依頼いただいても大丈夫です。
この、誰でも修理できるというのは、僕の設計理念の1つです。
万一、僕がいなくなっても少し工作ができる人なら必ず直せるように設計しています。
1つ注意点は、ドリルチャックを付け替える時は、台との垂直を確認するようにして下さい。

ダンパーの輪ゴムが劣化した

輪ゴムは非常に劣化しやすいので使っているうちに切れたりすると思います。

なるべくストレスを減らすためにつけたもので、元々ダンパーなしでも高評価でしたから無くてもいいくらいなのですが、付けておいた方がハンドルを下ろしてきた最後で安定しますので、劣化したら交換をお願いします。

初期付属品の輪ゴムは、「折径60ミリ、切り幅3ミリ」の製品になります。

もちろんご家庭によくある輪ゴムを束ねてつけていただいても、色付きの物でも、ヘアゴムの様なものでもかまいません。

取り付けネジは、かなり余裕のある長さ(25ミリ)ですので、必要に応じて出してください。

逆に不要であれば、ネジを締めて入れてしまってもかまいません。