上位版レザー用菱目打ち機「クオイオPro」

☆基本的なスペックなどはクオイオと同じですので、必ずクオイオのページにも目を通してください。

☆トグルクランプのブレを抑えるために輪ゴムを使ったダンパーをすべてのクオイオに標準で取り付けることにしました。

輪ゴムは消耗部品なのでお手入れページに詳細を記載してあります。

四角い柄の工具を使うためのアタッチメントを製作しました。

合わせてご検討ください。

☆ポンチなど短い工具を使う際に使用する敷板が、今までは小さい木の板だったのですが、サイズ品質ともに予算内で安定して買い付けるのが難しく、クラフトノラで販売しているウレタンシートのサイズに合わせたかったので更に困難になるため、MDFボード(21㎜×150㎜×150㎜)に変更しました。

写真4枚目がクオイオProのセット内容です。

クオイオProの使い方動画

クラフトノラのウレタン下敷きは、触るものですので面取りをして丁寧に仕上げてあります。

ヤフーショッピングで出品中です。

5〜10ミリのゴムシートに対応しています。

20ミリの物は使えません。

クオイオの弱点をカバーしました。

クオイオは、様々な工具を簡単かつ正確に、そして何より静かに扱えるようになる道具ですが、交換の効率が悪い、大口径ポンチなどチャックに入らない径の工具は、基本的に使用できないなどいくつかの弱点がありました。

そこで、それらを解決する為にプレス機を2つ取り付けた「クオイオPro」を製作しました。
片方のプレス機にはチャックを取り付け、通常のクオイオのように使用し、もう片方のプレス機には、高さ調整可能な袋ナットを取り付けることで手持ちで工具をスムーズに使えるようにしてあります。
つまり、直線部などの多用する菱目打ちはクオイオを使い正確に素早く、コーナーなど少ししか使わない一本や二本の菱目打ちは手持ちでサッと使う、という使い方が可能となります。
また、正面から見た時少しずらしてあるので、どちらの刃先もよく見えます。
両方にチャック(別売)を取り付ければ、2種類の柄を連続して打つ幾何学模様の刻印などを使うときに非常に効果的です。
菱目打ちでも2本使用に限定すればチャックだけの方が正確で早いです。

初めて打ったバスケット柄です。

チャックを2つ使って、2種類の柄で打ってみました。
チャックの着脱には、17ミリのスパナを使うとしっかり固定できます。
プレスを下ろした時に、爪を除くチャックの先端が9センチより少し上になるように調整して固定して下さい。

実際どのくらい違うの?

比較動画を見ていただければすぐにわかります。

頻繁な交換作業はけっこうストレスになるので、それからほぼ解放されつつも多用する直線部などは、チャックを使いこれまで通り正確に早く打てます。

一番費用のかかるフレームは同じものを使用でき、送料などの経費も当然全く同じですので、プレス機を二つつけても価格は大きく変わりません。

チャックでの作業限定という方以外、予算があってスムーズに作業したい方は最初からProの方がいいと思います。

性能について

基本的にには、クオイオと同じです。

菱目打ちは、5ミリ6本で4ミリの革二枚を重ねて打ち抜けます。

ポンチは、ハンマー部を使用すれば、20ミリまで確認しています。(ただし、鋭角に砥がれていないと難しい場合があります。極端な砥ぎはクラフトノラでも請け負いますのでお問い合わせください)

刻印は、小さい物であればとてもきれいに打てます。

などなど。

ただ少し注意していただきたいのが、初期状態でハンマー部になっている方のプレス機の方が限界性能が低くなることです。

アームの芯から離れますので、横向きの力がかかりやすくなり、アームが捻れるというか浮き上がる場合があります。

よほど力をかけないとなりませんが、あまりに捻れると故障を招きますので、特に力を必要とする作業は、芯に近いプレス機をご使用ください。

また、左利き用の場合でもドリルチャックは右手で締める方がやりやすいと思います。

それにより、奥のクランプにドリルチャックを追加で取り付けた場合だけは締めにくくなるかと思います。

 

チャックを適正圧で締められれば、動画のように表記通りの性能は必ず出ます。

しかし、力が足りなかったりチャックの扱いに不慣れだと、刃物がチャックの中で滑ってしまうかもしれません。

特に大きいポンチや5ミリ菱目の刃数の多いものは、強く締める必要があります。

その場合の解決策は、以下のリンクから確認ください。 

火造り鍛造菱目打ちなどの四角い柄の工具を掴めるようにできるアタッチメントを製作しました。

ただし、ドリルチャックの位置は、高さと傾きを適切に調整してありますので、印をして全く同じ位置に復旧できるようにしてください。

写真か下の緑の文字から専用ページに移動できます。

四角い柄の工具用アタッチメントのページ