背表紙木型ロメラ


『ロメラ』は、この道具の正式な名前です。

製本で背表紙を作る際に綺麗なアールをつけるために使用します。

日本で一般向けに販売しているのは、おそらくクラフトノラだけです。


本体と、押し付けるための棒がセットになります。

素材は、パイン集成材です。

板紙を窪みに入れて、棒で押して曲げます。

窪みのアール(半径)は、8ミリ、12.5ミリ、17.5ミリ、25.4ミリ、31.8ミリです。

窪みの幅(直径)は、アールの二倍に少し足りないくらいです。

左はロメラ未使用、右がロメラ使用で製本したものです。

丸い背表紙を作るためには、とても重要なのがお分かりいただけると思います。