NS工房への発注方法など

角R落とし

NS工房の角R落としは、デフォルトは角柄で長いので、クオイオで使用する場合は、メールで注文時にサイズを指定する必要があります。

具体的には、「丸柄」「全長11センチ」「柄の直径12ミリ」「クラフトノラのハンドプレス機で使う」と指定すれば対応してもらえます。

大きい方の角落としは、丸柄だと補強が必要になるとのことでやや高くなるとのことです。

通常の角柄のものでR5,R10、R15、R20の4本セットで6480円+送料ですので非常に良心的なお値段です。

しかもよく切れ、内側の砥ぎがエルの物に比べて小さいので、ズレにくいです。

端は少し反らせてあるため刃の端が革に切り込んでしまう可能性が激減します。

オリジナル抜き型

抜き型は、自分の欲しい形は、まず見つからないと思いますので、オリジナルで発注したくなると思います。

そこで気になるのは、やはりお値段でしょう。

しかし、NS工房にオリジナル抜型を発注すると、想像より遥かに安いはずです。

ただ、いきなりメールで発注といっても勇気がいると思いますし、どうやればいいのかわからないと思います。

僕が発注したときの流れを書いておきますので参考にしてください。

まずは、抜き型を製作してほしいという依頼内容と共に手書きで良いので、正確な図面を描いてEメールに添付します。

また、見積もりで送料も計算して貰えば、そのままお支払いがスムーズになりますので、住所も記載して下さい。
 
図面には、一辺だけ寸法を記載して下さい。
これを元に、サイズを合わせてプリントアウトしたものに沿わせる形で曲げて製作されます。
それほど正確でなくて良ければ、この程度のイラストで大丈夫です。
ちなみにこの抜き型の見積もりは、4212円でした。
どうでしょうか?思っていたより安いでしょ?
なお、当然こちらも送料がかかります。

上の写真のものと同時に、もっと製作しやすそうな形の場合いくらになるのか見積もってもらった物がこれです。

しっぽの部分の抜くところが無くなっています。
この場合、3132円でした。
複雑で大きくなるほど高くなります。
見積もりは無料で、それに手間がかかるわけではないので、悩んでいるときは複数見積もってもらって大丈夫です。
デザインと金額に納得したらお支払いをして、1週間程で発送となります。

届いた抜き型です。

ほとんどズレはありません。
スウェーデン鋼の刃付き板は、材料としての価格は安いですが、加工性が良く、火造り鍛造には劣るものの革を切るには十分な品質です。
工場などでものすごい数を量産するのであれば強度に不安が残りますが、趣味で100、200というレベルならスウェーデン鋼で十分です。
あとは、裁断専用プレス機を購入して使用してください。

以上を参考にご注文ください。

下のバナーからNS工房のサイトに移動できます。